WiFiルーターを項目別に比較してランキングに!

自宅用でも外出先専用でも人気のモバイルWiFiルーターですが、申し込むキャリアによってそれぞれ特徴があります。知らずに自分の使い方に合わないキャリアを選んでしまうと後悔してしまうことも…
当サイトでは項目別にキャリアをランキングで比較し、キャリアごとのおすすめキャンペーンをご紹介しています。

WiFiルーターを速度で比較

理論値上では下りで最大100Mbpsを超えるものが出ています。しかし、WiFiルーターは工事が不要な分固定回線の光と比べて速度は安定しません。どんなに理論値が速くなっても、デスクトップパソコンでオンラインゲーム用として使うためにWiFiルーターを契約するのはおすすめ出来ません。

 

また、通信速度が速くてもキャリアによっては通信制限があります。スマホをお使いの方はご存知だと思いますが、WiFiルーターでも月7GBが1つのポイントになります。ガンガン使っていたらある日いきなりめちゃめちゃ遅くなるという悲惨な目に遭うことも…

 

理論値上で最速キャリアを決めるのは簡単ですが、上述のことや最速に対応しているエリアが極端に狭かったり、メインエリアがそこまで速くないと言った問題があります。エリアと制限を考慮してランキングにしています。

速度ランキング表

ワイモバイル
ワイモバイル

最新機種の305ZTが下り165Mbps対応。さらに今までネックだった7GB制限も305ZT限定で無制限になって使い勝手がかなり向上しています。ワイモバイルとソフトバンクのLTEに対応していて、さらにAXGPまで対応しているのでエリアの漏れを防ぎます。

WiMAX
WiMAX

WiMAX2+がスタートして下りの速度が一気に110Mbpsに。2015年春からはさらに倍の220Mbpsに強化されます。データ通信量に応じた速度制限も無いのでおすすめです。来春の強化に合わせて現行のWiMAXの帯域がWiMAX2+に移行するので、WiMAXの速度が40Mbpsから13.3Mbpsにダウンします。

ソフトバンク
ソフトバンク

ワイモバイルと同じ仕様になりますが、305ZT対応の無制限キャンペーンがソフトバンクでは残念ながらありません。ソフトバンクで申し込むよりワイモバイルの方が良い状況になっています。

ドコモ

ドコモ

下り最大150Mbpsですが、東名阪の一部エリアが対応しているのみで基本は37.5Mbpsか75Mbpsになります。ソフトバンクと同様に7GB制限があります。

WiFiルーターを月額料金で比較

月額料金は3,696円が基準になります。3,696円が公式の料金でプロバイダや代理店のキャンペーンによって割引されたり、逆に高くなっていたりします。基本は定額ですが、通信制限との絡みで余分にお金がかかる場合があります。

料金ランキング表

ワイモバイル
ワイモバイル

月3,696円で使い放題です。今までは7GB制限の関係で追加で料金がかかることがありましたが、305ZTのキャンペーンで完全に3,696円に収まるようになりました。

WiMAX
WiMAX

同じく月3,696円で使い放題です。WiMAXでは一部機種(HWD14,HWD15)でauのLTEが必要な時に使えますが、別途1,005円がオプション代としてかかります。

ソフトバンク
ソフトバンク

こちらも月3,696円ですが、ワイモバイルと違うのは月7GB制限が存在することです。使い過ぎてしまった際は元の速度に戻すのに追加料金が必要になります。

ドコモ

ドコモ

ドコモは料金で他社に後れを取っています。ドコモユーザーなら4,291円、ドコモユーザーではないなら6,200円とかなり高いです。さらに7GB制限がありますのでプラスアルファで高くなる場合があります。

WiFiルーターを通信制限で比較

個人的には1番重要な項目だと思います。知らずに契約してしまうと使い勝手がかなり悪くなったり、追加料金がかかる場合があるためです。家電量販店やショップの販売員さんも制限について軽く触れて流してしまったり、7GBに達するのは稀ですと言った説明をする人がいます。はっきり言って自宅用で使う人はまず7GBにいきますし、動画メインの使用は外用として使用していても7GBを超えてしまいます。

 

最近は動画サイトの高画質化が進んでいますし、スマホのアプリのダウンロードやアップデートやOSのバージョンアップなどパケット通信量がドンドン増えていく流れになっています。ちなみにパソコンのOSのアップデートの場合、平気で2GBぐらい必要です。何よりも自分の使用する量を把握しながらWiFiを使用するのはメンドクサイ私みたいな人は要チェックです。

通信制限ランキング表

ワイモバイル
ワイモバイル

機種限定になりますが、305ZTならキャンペーンで2年間制限無しでWiFiを使い倒せます。逆に他のGL10Pや303HWなどの旧機種は7GB制限があるので、ワイモバイルのキャンペーンでも305ZT対象のものを選ぶ必要があります。

 

ちなみにキャンペーン終了にあたる2年後には7GB制限が復活します。制限時には500MB(0.5GB)ごとに500円をチャージすることで解除出来ます。

WiMAX
WiMAX

ワイモバイルがキャンペーンをスタートするまでは無制限と言えばWiMAXでした。WiMAXも契約してから2年間はキャンペーンで無制限で使えます。2年後から月7GB制限を導入するかは検討しているようです。

 

2年以内でもauのLTEが使えるハイスピードプラスモードで月7GB以上通信してしまうと速度が128kbpsに制限されますのでご注意ください。(対象機種はHWD14とHWD15のみ)ご自身で切り替えて使わない限りは、まずこの量まで知らずに使うことは無いのでご安心ください。

ソフトバンク
ソフトバンク

月7GB以上使用すると月が変わるまで速度が128kbpsまで制限されます。2GBごとに2,500円をチャージすることで元の速度に戻せます。また、3日間で1GBを超えると当日午前6時から翌日午前6時まで速度制限されることがあります。こちらは具体的な速度は非公表で制限時の解除方法は待つしかありません。

ドコモ

ドコモ

ドコモも月7GB制限と3日間1GB制限があります。7GB制限は2GBごとに2,500円チャージで元の速度に戻ります。

WiFiルーター選びで成功の秘訣は複数比較

今まで書いてきた通り会社やサービスによって強みがそれぞれ違います。成功というより失敗しないためにはまず自分のニーズをしっかり把握、そして合ったものを選ぶにつきます。

 

そのためにも色んな比較サイトに目を通して納得して契約するのが大切です。当サイトはもちろん、他にもおすすめできるサイトはいくつかあります。もし、あなたがワイモバイルに決めてお得なキャンペーンをお探し中なら下記のサイトがかなりおすすめです。

 

おすすめサイト:ワイモバイルのWiFiキャンペーン比較ナビ