実は住み分けがキッチリできている

新規でネットを始めたり、今使っている回線から乗り換える際によく比較されがちなWiFiルーターと光回線ですが、実はネットの使い方でどちらが良いかはっきり分かれていますので、そこまでどちらを選ぶかで迷うことはありません。

WiFiルーターがおすすめのはこんな使い方

  • 一人暮らしで家にいる時間が短い
  • 引っ越しを頻繁にする
  • スマホの料金を節約したい

まず一人暮らしで在宅で仕事をしている人以外は平日は外にいる時間が長いと思います。WiFiルーターであれば外でもネットが使えるので、月額料金がもったいないとは感じません。

 

引っ越しを頻繁にする人は光回線では工事が都度あって大変です。新居の構造によっては工事費が別途必要になったりと余計な出費が増えます。WiFiルーターは繋がりさえすれば特別な手続きは不要です。

 

最近はスマホのパケット料金プランはフラット定額を加入条件にしていることが多いですが、白ロムを自分で購入してWiFiルーターで運用すれば通信量料金を一本にまとめることができます。あとは格安SIMと組み合わせるのもおすすめです。

光回線がおすすすめのはこんな使い方

  • 通信量を気にせずにネットを使いたい
  • オンラインゲームやVODを楽しみたい
  • 家族の携帯電話を1キャリアでまとめている

WiMAXでもついに通信量の制限が始まったりとWiFiルーターはどのキャリアを選んでも通信量の問題はついてまわります。光回線は通信量を気にせずに使えます。

 

WiFiルーターでもゲーム機に繋いでネット対戦はできますが、速度が安定しなかったりラグの問題が必ずでてきます。また、youtubeやhuluなどのVODは通信量が爆発的に増えるので、WiFiルーターでの使用には向いてません。

 

光コラボレーションがスタートしたことで、docomoやauやsoftbankのスマホのパケット通信料を1台につき1400円程度割引されるセット割がスタートしました。一家で携帯キャリアをまとめてしまえば月7000円も安くなることもあります。